logo

アナログ電子回路教育 電子回路学習 電子回路レクチャー

アナログ回路教育について

セミナー、技術情報

    トランジスタ技術誌様のメルマガで配信しています。

電子回路は電子産業の根幹となる技術

  • 身の回りにある機器は年々高度化しそれを支える電子回路は電子産業の根幹となる技術です。従来これらを生み出す技術者の専門知識は師弟関係によって受け継がれるものでした。しかしながら現在は開発スピードが速いことを要求され後輩を指導しながら技術を伝承する時間的余裕が無くまた伝承する側も徐々に減っていること、更に大学でも専門教育をおこなうところは多くないことも手伝って電子回路技術、特にアナログの回路技術者の育成は悩みの種だと思います。
  • 多くの機器がデジタル技術で作られていますが、そこにもアナログの考え方が必要になります。大規模なシステムを構築する際には幅広い知識が必要でデジタルフィルタの例をとってもそこはアナログの計算ができなければ電子回路を設計できません。

自社内で電子回路教育を受ける利点

  • セミナーなどでは多くの会社から参加されている手前、機密保持の観点から質問なども何かと気を使います。また自力で学習してもタイムリーに質問できない、途中で挫折するなどの問題もありました。
  • 電子回路教育を自社内で開催できればこれらの問題は解決でき、また学習のみでなく実務と照らし合わせて出た疑問などもスピーディーに解決し技術が更に深まります。
  • 下記は電子回路教育の一例です。この他にも企業様/教育機関様向けのプログラムをご提案できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

アナログ集積回路技術

  • お客様からのヒヤリングをもとに、これらの知識ピラミッドでどの部分を教育で補っていくかご提案しております。
  • アナログ回路教育の例1として「アナログ集積回路技術」をご紹介します。
  • アナログ集積回路を完成させるには材料、プロセス技術、要素回路やそれと対になるマスクレイアウト技術など様々な要素が必要で、それらの頂点にアナログICの完成品がくる「知識、経験のピラミッド構造」になっています。
  • t
  • この例の下位層ほど知識や経験が求められ、またその範囲も広くなっています。アナログ回路は裾野が広いことから習得まで時間もかかり、また難しいと思われています。
  • これらの要素を製造工程の時系列で表してみます。
  • アナログICの主機能となる回路動作は回路設計エンジニアが受け持ち、機能面の品質はここで作られます。アナログ半導体技術者は電子回路ばかりでなく、デバイスの特性やレイアウト起因の寄生素子による不具合なども考えながら回路を作りこんでいきます。この図のように守備範囲も広く幅広い知識が必要となります。
  • 足りない部分を教育で補い技術力アップを支援する教育プログラムをご提案いたします。
  • t

オペアンプの応用

  • トランジスタレベルから設計したブロックを一つの要素回路としてシステムを構築する場合、オペアンプの応用回路で得られる考え方は計算事例として時間軸/周波数軸の双方からとても役に立ちます。
  • オペアンプの応用回路を解析することによりデータシートの特性や規格の意味もよくわかります。またラプラス演算子や負帰還安定性、感度関数や雑音、増幅器の応用から信号処理回路、発振器や合成リアクタンス回路などアナログ回路の計算を行うことにより回路の特性をしっかり理解できます。
  • t

拙著

toragi

  • 2016年4月号 「バーチャル実験室で電子回路入門」

toragi

  • 2011年6月号 別冊付録「LTspice部品モデル作成編」

toragi

  • 2009年8月号「高精度OPアンプ設計の手順と考え方」

ページのトップへ戻る